トップページ > 観光地駐禁情報 > 県営江ノ島駐車場を利用するなら・・・ 「江ノ島駐禁事情」

県営江ノ島駐車場を利用するなら・・・ 「江ノ島駐禁事情」

 ことし(2006年)の夏の海辺は、紫外線と違法駐車取り締まりに注意しましょう・・・
 たとえば、海水浴場の代名詞のようにいわれる、江ノ島の海岸(神奈川県)。
 この、江ノ島入り口交差点〜県営駐車場までは、違法駐車を民間委託された「駐車監視員」が見回る重点路線に指定されています。
 しかも、期間は「海水浴期間中の終日」(http://www.police.pref.kanagawa.jp/)となっていますから・・・(※2016年は土曜日、日曜日及び休日5時〜22時、7月〜8月の5時〜22時)(鎌倉警察署
 まさに駐車マナーを守らない海水浴客がターゲット。
 駐車場はいっぱいだけど、いっこくも早く海に飛び込みたいからといって、この場所に車を停めると。
 都内のホテルプールに行ったほうが安かったということになりかねません。
 なんといっても、違法駐車の反則金は15,000円(普通自動車)。

 たとえば1955年開業、東京の代表的なホテルのひとつ、赤坂プリンスホテル(※2011年3月営業終了)の屋外温水プール「ROYAL POOL」の場合。
 7/15〜8/31まで、土日祝日の利用料金は、大人(ビジター)1人10,000円です。
 でも、「スイミングギフトチケット」などのサービスを利用すれば、2名で8,000円(※当時)。
 家族4人でも16,000円。
 もちろん、ホテル利用の場合、駐車場は無料です。
 海には海の、プールにはプールの良さがあるので。
 「夏はやっぱり江ノ島の海!」という向きには、おすすめできませんが・・・

 ちなみに、江ノ島の、駐車場事情はつぎの通り。
 江ノ島には、駐車場が3カ所。
 県営江ノ島駐車場(314台)。
 江ノ島なぎさ駐車場(232台)。
 観光協会江ノ島駐車場(78台)。
 (藤沢市観光協会 http://www.fta-shonan.jp)。
 このうち、終日670円(普通車)で利用できるのは、県営江ノ島駐車場だけで、あとの2つは時間制です。
 そのため、夏場は11時すぎると、行列必至だとか。
 県営江ノ島駐車場の営業時間は、朝5時から。
 せっかくの休日ですが、ここはひとつ。
 小学生のころ、夏休みにラジオ体操してたことでも思い出しながら、早起きしておでかけください・・・ (06/05/20)

 ※神奈川県駐禁情報

sen

伸平駐禁ガール3 〜こちらの駐禁情報もどうぞ〜
駐禁.com MENU
(サイトマップ)
都道府県別駐禁情報 駐禁雑学集
観光地駐禁情報 駐禁罰金事情 駐車場事情 駐禁取締事情
駐車監視員事情 駐禁逮捕事情 駐禁便利情報 駐禁架空会話
その他駐禁事情 駐禁.comリンク集 駐禁.comについて
伸平ストア トップページ


Google
 
Web 駐禁.com