トップページ > 駐車場事情 > バイクライダーの聖地? 静岡県浜松市(2)

バイクライダーの聖地? 静岡県浜松市(2)

 『昭和20年8月15日、終戦。一面の焼け野原のなか、人々は飢えと闘いながら復興へと歩み出しました。特に工業の振興に力が注がれ、終戦の3年後には戦前の7割まで復興しました。なかでも、繊維・楽器・オートバイの3大産業は、めざましい成長を遂げました』(浜松市HP)・・・
 本田宗一郎(本田技研工業創業者)、川上嘉市(ヤマハ発動機創業者・川上源一の父)・・・
 ホンダ、ヤマハ。
 日本、というより世界を代表するバイクメーカーの創業に関係あるふたりは、そろって浜松市の名誉市民です。
 ホンダは1948年、ヤマハは1955年、それぞれ現在の浜松市に設立されました(のちにホンダは東京都港区に、ヤマハは静岡県磐田市に本社移転)。
 そして、スズキも1920年鈴木式織機株式会社として同地に設立(1954年鈴木自動車工業株式会社に改称)。
 ただ不思議なのは、本田宗一郎も、川上源一も、そしてスズキの創業者・鈴木道雄も・・・
 偶然、浜松市に生まれ、育ったということです。
 しかも、バイクへのアプローチも各人各様。
 有名なバイクメーカ−があって、そこで学んで独立した、ということではなく・・・
 本田宗一郎は、自動車修理からバイク製造の道へ。
 川上源一は、飛行機プロペラなどを作っていた設備をバイク生産に流用。
 鈴木道雄は、織物機械の開発生産からオートバイの開発へ。
 それぞれがまったくちがうバックボーンから、バイク開発の世界へ飛びこんでいった・・・
 まるで、浜松市に”バイクの神”が降臨し、かれらを導いたかのように。
 そしていまや、『浜松のヤマハ(厳密には隣の磐田市)、スズキ、ホンダの三社が、日本はおろか世界のオートバイ産業をリードしているといっても過言ではない』(Wikipedia)とまでになりました。
 かくなるうえは、郷里の偉大な先達のためにも・・・
 全国のバイクライダーが苦労している、オートバイ専用駐車場の設置について、静岡県選出の国会議員がなにかしらアクションを起こして当然ではないかと思いますが・・・
 07年2月19日現在、静岡県7区の片山さつき衆議院議員HP、静岡県8区の塩谷立衆議院議員HPには・・・
 残念ながら、その問題について触れている箇所はありませんでした・・・ (07/02/19)


sen

伸平駐禁ガール3 〜こちらの駐禁情報もどうぞ〜
駐禁.com MENU
(サイトマップ)
更新履歴 都道府県別駐禁情報 駐禁雑学集
観光地駐禁情報 駐禁罰金事情 駐車場事情 駐禁取締事情
駐車監視員事情 駐禁逮捕事情 駐禁便利情報 駐禁架空会話
その他関連情報 駐禁.comリンク集 駐禁.comについて 管理人日記
駐禁.com(ブログ) 伸平ストア 駐禁SNS
※mixi参加者のみ
トップページ


Google
 
Web 駐禁.com