トップページ > 駐車場事情 > いまだ現状調査の段階 (バイク駐車場事情その8)

いまだ現状調査の段階 (バイク駐車場事情その8)

 ようやく、6,300台分・・・
 07年4月10日、参議院内閣委員会で、矢代交通局長(警察庁)はつぎのように答弁しています。
 『〜前略〜 東京都の区域の中で昨年度実態調査した結果がございます。これによりますと、都市内の小さな空きスペースの活用というのも最近盛んに進んでいるようでございまして、今年の二月時点では都内で約六千三百台分の、これは有料でございますが、時間貸しでございますが、自動二輪車の駐車スペースが確認されてございます。 〜後略〜』(http://kokkai.ndl.go.jp/
 ちなみに、東京都では自動二輪だけで約70万台の登録があるといわれ、6,300台分では焼け石に水状態なのは明らか。
 しかも、バイクの駐車場が全国にどれくらいあるかについては、警察もわかっておらず・・・
 『大変残念ながら、現時点では自動二輪車の駐車場の整備状況について統計的な数字というものは持ち合わせてございません。このため、私ども法改正を受けまして、昨年(06)度から全国の自治体に依頼しまして調査に掛かり、取りあえず平成十八年度末の状況について早急に取りまとめる予定でございます』(http://kokkai.ndl.go.jp/
 ここでいわれている、”法改正”とは、駐車場法のこと。
 『駐車場法には自動二輪車は対象になっていなかったこともございました。このために、さきの通常国会におきまして、自動二輪車も駐車場法の対象にするという改正法案を可決いただきまして、その整備方針を図ることとした次第でございます』(同上)
 駐車場もないのに、バイクの違法駐車の取り締まり強化をした結果・・・
 『十か月(06年6月〜07年3月)の法施行期間におきまして全国で三十三万二千三百七十一件の自動二輪車及び原付への確認標章の取付けが行われております』(同上)
 受け入れ先の駐車場もないのに、違法駐車で摘発されたら、原チャリでも10,000円もの反則金支払いをしなくてはならない・・・
 東京都に寄せられた、『バイクライダーが止める施設もないのに駐車違反とされるのは納得できません』という意見は、単なるワガママではなく、正当な不満の声なのです・・・(9に続く)(1にもどる) (07/05/12)


sen

伸平駐禁ガール3 〜こちらの駐禁情報もどうぞ〜
駐禁.com MENU
(サイトマップ)
更新履歴 都道府県別駐禁情報 駐禁雑学集
観光地駐禁情報 駐禁罰金事情 駐車場事情 駐禁取締事情
駐車監視員事情 駐禁逮捕事情 駐禁便利情報 駐禁架空会話
その他関連情報 駐禁.comリンク集 駐禁.comについて 管理人日記
駐禁.com(ブログ) 伸平ストア 駐禁SNS
※mixi参加者のみ
トップページ


Google
 
Web 駐禁.com