トップページ > 駐禁罰金事情 > 愛知初、埼玉初 (「使用制限処分」事情)

愛知初、埼玉初 (「使用制限処分」事情)

 全国で初めて「使用制限処分」が出されたのは、9月、大阪府でのこと。
 その後、各地で出され、11月には神奈川県初にして、150日もの長期の「使用制限処分」が下されましたが・・・
 愛知県と埼玉県での初処分の模様は、つぎの通りです。
 まず、愛知県初の「使用制限処分」は、10月25日、全国警察署の中でもっとも駐車違反の摘発数が多いといわれる愛知県警中署、管轄内の・・・
 名古屋市中区の飲食店街・通称「錦三(きんさん)地区」で、6月〜8月までに4回違法駐車をくりかえした車に下されました(「使用制限処分」20日間)。
 『男は違反金を納めず、調べに対し「自分は運転しておらず、誰がとめたのかは知らない」などと供述したが、同法(道交法)改正で、運転者が特定できなくても車検証上の使用者(所有者)に違反金の納付命令が出せるようになり、処分は免れない』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 10/26)。
 ちなみに、「錦三地区」は、中署が委託した「駐車監視委員」による最重点地域に指定されていますが、監視員が確認作業を行なう時間は、22時までと定められています。
 そのためか、22時以降の違法駐車が絶えず、『(愛知)県警は、今月(10月)上旬に行った調査でピークの午前1時に260台の違法駐車を確認しており、同16日から警察官を午前2時まで現場に投入。現在は違反台数は約半数まで減っているという』(同上)とか。
 07年度は、「錦三地区」を担当する「駐車監視委員」が増員され、作業時間も延長されるんじゃないでしょうか。
 つづいて、埼玉初となる「使用制限処分」は、11月17日、2台同時に出されました。
 対象となったのは、『川越市の建設会社所有の軽トラックと、三郷市の女性会社員(28)所有の乗用車の計2台』(http://www.tokyo-np.co.jp/ 11/18)で、期間は、神奈川県初の処分150日にはおよばないものの、80日間の長期。
 『(埼玉)県警駐車対策課によると、建設会社と女性は6月から9月までの間、それぞれ計7回、駐車違反をして放置違反の反則金の納付命令を受けた』(同上)とか。
 ちなみに、『処分を受けると処分中を示すステッカーが車両にはられ、走行距離メーターが記録される』(同上)上、神奈川県警駐車対策課によれば、「車を一ミリも動かしてはいけない」んです。
 「使用制限処分」を受けた車以外なら運転してもかまわず、車の使用者の免許には違反点数はつきませんが、しかし・・・
 そもそも、自「動」車は、動いてこそ、価値があるもの。
 クラシックカーのコレクションならまだしも・・・
 動かせない車を、80日やら150日もの間、ただ駐車しておくというのは、案外、厳しい処分なのかもしれません・・・ (06/11/20)


sen

伸平駐禁ガール3 〜こちらの駐禁情報もどうぞ〜
駐禁.com MENU
(サイトマップ)
更新履歴 都道府県別駐禁情報 駐禁雑学集
観光地駐禁情報 駐禁罰金事情 駐車場事情 駐禁取締事情
駐車監視員事情 駐禁逮捕事情 駐禁便利情報 駐禁架空会話
その他駐禁事情 駐禁.comリンク集 駐禁.comについて 管理人日記
駐禁.com(ブログ) 伸平ストア 駐禁SNS
※mixi参加者のみ
トップページ


Google
 
Web 駐禁.com