トップページ > 駐禁逮捕事情 > 6月に対応では遅いかも? (「駐車禁止除外指定車標章」偽造事情)

6月に対応では遅いかも? (「駐車禁止除外指定車標章」偽造事情)

 ゴム印まで偽造・・・
 07年6月には、「車」から「人」へと交付対象が変更される予定の「駐車禁止除外指定車標章」。
 その変更の原因のひとつとなった、同標章の偽造が、また発覚しています。
 07年1月12日、京都府警・伏見署が、有印公文書偽造・同行使の疑いで送検した男は・・・
 06年『12月19日、伏見区内の駐車禁止の市道に乗用車を止め、車のダッシュボード上に偽造した身体障害者用の駐車禁止除外指定車標章を掲示した疑い。「どこでも駐車できるように、標章をカラーコピーするなどして作った」と供述している、という』(http://www.kyoto-np.co.jp/ 07/01/12)。
 ちなみに、『伏見署によると、偽造標章は本物そっくりで、同署は容疑者の自宅から偽造に使ったパソコンやゴム印などを押収し、元の標章の入手先などを追及している』(同上)とのことですが、偽造が発覚したきっかけは・・・
 『偽造標章は昨年11月中旬、伏見区のスーパーの駐車場に落ちていた。発見者が交番に届け、伏見署が発行番号を調べて偽造と分かり、記載されていた車両番号から容疑者を割り出した』(同上)とか。
 ということは、もし容疑者がうかつにも紛失しなければ、標章が変更される6月まで、事件は発覚しなかったかもしれません。
 それどころか、ゴム印まで作るほどの力の入れようからすると、標章が変わっても、新しい標章を偽造していたかも・・・
 場合によっては「毒食らわば皿まで」の心境で、身障者であることを証明する手帳まで、偽造しようとしたかもしれません。
 現在、飲酒運転などの懲役・罰金刑を強化しようという動きがありますが、こうした偽造についても罰則を強化するか、さもなくば免許証と同じようにICカード化し、偽造を難しくしたほうがいいんじゃないでしょうか・・・ (07/01/22)

sen

伸平駐禁ガール3 〜こちらの駐禁情報もどうぞ〜
駐禁.com MENU
(サイトマップ)
更新履歴 都道府県別駐禁情報 駐禁雑学集
観光地駐禁情報 駐禁罰金事情 駐車場事情 駐禁取締事情
駐車監視員事情 駐禁逮捕事情 駐禁便利情報 駐禁架空会話
その他関連情報 駐禁.comリンク集 駐禁.comについて 管理人日記
駐禁.com(ブログ) 伸平ストア 駐禁SNS
※mixi参加者のみ
トップページ


Google
 
Web 駐禁.com