トップページ > 駐禁逮捕事情 > 「偽装」と「逮捕」の損得 その1

「偽装」と「逮捕」の損得 その1

 みんな、他人事だと思ってリスキーなことを・・・
 08年2月29日、『駐車違反金を逃れるために「ナンバープレートが盗まれた」と虚偽の説明をしたとして、警視庁が道交法違反(虚偽報告)容疑で、パート従業員男性(42)=東京都板橋区=を書類送検していたことが』(http://www.jiji.com/ 08/02/29)わかりました。
 『「9000円の違反金を支払う余裕がなかった」と供述』(同上)する男性は、結局、罰金10万円を支払うはめになったようですが・・・
 じつは、同じような事件は、07年9月にも報道されています。
 このときは、「(駐禁の)取り締まりを受けた車のナンバープレートは盗まれたもの」と、虚偽の盗難届を出した男が逮捕されました。
 当時、逮捕した茨城県警によれば、これが『新駐車対策制度導入以来、駐車違反が発覚した後の偽装工作を摘発したのは全国で初めて』(http://www.tokyo-np.co.jp/ 07/09/28)だったとのことですが、ただし。
 茨城県の事件の罪状は、道交法違反ではなく、軽犯罪法違反(虚偽申告)でした。
 道交法の虚偽報告が適用されたのは、警視庁による、08年2月の事件が『全国初』(http://www.jiji.com/ 08/02/29)だそうです・・・(続く) (08/03/02)

sen

伸平駐禁ガール3 〜こちらの駐禁情報もどうぞ〜
駐禁.com MENU
(サイトマップ)
更新履歴 都道府県別駐禁情報 駐禁雑学集
観光地駐禁情報 駐禁罰金事情 駐車場事情 駐禁取締事情
駐車監視員事情 駐禁逮捕事情 駐禁便利情報 駐禁架空会話
その他関連情報 駐禁.comリンク集 駐禁.comについて 管理人日記
駐禁.com(ブログ) 伸平ストア 駐禁SNS
※mixi参加者のみ
トップページ


Google
 
Web 駐禁.com