トップページ > 駐禁逮捕事情 > 偽物ではなくても逮捕(「駐車禁止除外指定車標章」)

偽物ではなくても逮捕(「駐車禁止除外指定車標章」)

 ”偽物”ではなく、”本人”が使用していても、”逮捕”・・・
 08年3月12日、大阪市北区で、『身体障害者用の「駐車禁止除外指定車標章」を不正に使用し、マイカー通勤で違法駐車を繰り返したとして』(http://www.jiji.com/ 08/03/12)、大阪市の都市整備局職員の男が逮捕されました。
 容疑は、車庫法違反容疑。
 調べによると、男は、『(08年)1月30日〜2月20日、大阪市北区の同市役所東側の市道上に、ほぼ毎日午前8時〜午後6時の間、マイカーのダッシュボードに標章を提示して止めていた疑い』(http://osaka.yomiuri.co.jp/ 08/03/13)とか。
 府警によれば、男は『足に障害があり、約10年前、府公安委員会から標章を交付された』(同上)といいますから、使用された「駐車禁止除外指定車標章」は、本物です。
 しかし、「駐車禁止除外指定車標章」があっても・・・
 『通院などの際、駐車禁止場所などに標章を提示して一時的に車を止めることができるが、車庫代わりに路上駐車することは違法となる』(同上)ことから、今回の逮捕につながりました。
 もっとも、”ほぼ毎日”駐車していた、と書かれていることからわかるように、いきなり逮捕されたわけではなく。
 『同署員らが長時間駐車している堀井容疑者の車を発見。3回にわたって警告したが、路上駐車を続けていた』(同上)のだとか。
 ちなみに、このような「駐車禁止除外指定車標章」の不正利用による逮捕は、06年度には全国で171件も検挙されています。
 今回、逮捕された男は、取り調べにたいし、『「大目に見てくれると思っていた」と供述している』(http://osaka.yomiuri.co.jp/ 08/03/13)とのことですが・・・
 こんどの逮捕で、「駐車禁止除外指定車標章」の返還を求められるかもしれません。
 また、勤務先である市も、『「事実が確認でき次第、厳正に対処したい」』(同上)としています。
 "3回にわたって警告”されていれば、そのまま続けるとどういうことになるか、予想がつかなかったのでしょうか。
 それにしても。
 駐禁取り締まり強化とともに、注目され、悪用されることが多い「駐車禁止除外指定車標章」。
 利用者本人の不正利用が増えれば、さらなる制度見直しの動きが出て・・・
 ほんとうに必要な人が、手に入れるのがむずかしくなったりしないのでしょうか・・・ (08/03/23)

sen

伸平駐禁ガール3 〜こちらの駐禁情報もどうぞ〜
駐禁.com MENU
(サイトマップ)
更新履歴 都道府県別駐禁情報 駐禁雑学集
観光地駐禁情報 駐禁罰金事情 駐車場事情 駐禁取締事情
駐車監視員事情 駐禁逮捕事情 駐禁便利情報 駐禁架空会話
その他関連情報 駐禁.comリンク集 駐禁.comについて 管理人日記
駐禁.com(ブログ) 伸平ストア 駐禁SNS
※mixi参加者のみ
トップページ


Google
 
Web 駐禁.com