トップページ > 駐車監視員事情 > 警視庁で大規模実技訓練 「駐車監視員」

警視庁で大規模実技訓練 「駐車監視員」

 2006年度、警視庁が違法駐車取り締まりを民間委託した「駐車監視員」は、総勢530人(14法人)。
 このうち統括責任者も含む129人(11法人)が、5月15日、初めて行われた違法駐車取り締まりの総合実技訓練に参加しました。
 場所は、世田谷区にある警視庁交通安全教育センター自動車コース。
 訓練の模様は、沓掛哲男国家公安委員長も視察しました。
 資格取得はペーパーテストでのみ行われるので。
 どの「駐車監視員」にとってもこれが、直接警察から教わる初めての実技となったわけですが。
 結果はどうかというと・・・
 なかには、てこずった方もいらっしゃったらしく。
 曰く、『監視員は2人1組で違反車両をデジタルカメラで撮影。携帯端末にデータ入力し、違反ステッカー(確認標章)をフロントガラスに張った。警察庁の想定では1回の確認作業は10分前後。だが、訓練では入力に手間取って、15分を超えるケースもあり、「むずかしい」と首をかしげる監視員もいた』(http://www.nikkei.co.jp/ 5/16)とか。
 ちなみに訓練では、車がさまざな形で違法駐車しているケースを想定、それを、実際に取り締まる時と同じく、2人1組(ユニットと呼ぶ)で、つぎのような順序で処理していきました。
 1=ドライバーがいないのを確認
 2=デジタルカメラで、車の全体が入った、違法駐車していた状況が分かる写真とナンバープレートのアップ、計2枚の写真を撮影
 3=メジャーで違反状況を把握
 4=携帯の専用端末にナンバーや違反状況を入力
 5=「確認標章」ステッカーをその場でプリンターで印刷
 6=フロントガラスに張りつける
 7=デジタルカメラで、「確認標章」を貼ったことを証明する写真を1枚撮影
 ちなみに、これら一連の作業のうち6の。
 フロントガラスに「確認標章」ステッカーを貼られる前に、車に戻ってくれば、違反はまぬがれるようです。
 それだけに「駐車監視員」の方からすれば、すばやく確認作業をしないとならないわけで、みなさん、きっと体で覚えるまで訓練するんでしょうね。
 もちろん、上記手続きのうち、どれが欠けてもまずいでしょうし・・・
 また、訓練は、確認作業だけなく・・・
 『初めての民間委託のため、運転者とのトラブルも予想される。各法人の統括責任者は、運転者役の警察官に「これは取り締まりか」「あなた方は誰?」などと問われ、対応の仕方の訓練もした』(http://www.mainichi.co.jp/ 5/16)とか。
 違法駐車は、摘発された方もたいへんですが、摘発するほうもいろいろとあるんですね・・・ (06/05/16)

※千葉県における「駐車監視員」研修の様子(関連頁

sen

伸平駐禁ガール3 〜こちらの駐禁情報もどうぞ〜
駐禁.com MENU
(サイトマップ)
都道府県別駐禁情報 駐禁雑学集
観光地駐禁情報 駐禁罰金事情 駐車場事情 駐禁取締事情
駐車監視員事情 駐禁逮捕事情 駐禁便利情報 駐禁架空会話
その他駐禁事情 駐禁.comリンク集 駐禁.comについて
伸平ストア トップページ


Google
 
Web 駐禁.com