トップページ > 駐禁取締事情 > 増える「監視員」、減る「放置車両」1

増える「監視員」、減る「放置車両」1

 06年6月1日に施行され、1年が経過・・・
 「駐車監視員」制度導入による成果は、全国各地で報道(順次紹介予定)されていますが、そのほとんどが、「効果アリ」という内容。
 たとえば、鹿児島県では、『県内で監視員が活動するのは、鹿児島市の天文館地区や鹿児島中央駅周辺など、車の乗り入れが多い指定区域。東千石町で36年間喫茶店を経営する』(http://www.373news.com/ 05/31)73歳のマスターは、『「通りの見通しがよくなり、過ごしやすい街になった」と好意的』(同上)といった具合です。
 でも、今後、さらに「駐車監視員」制度が拡大され、このマスターの喫茶店の常連客がのきなみ、違法駐車のステッカーを貼られ・・・
 店にくるたびに、「放置違反金が高くてさ・・・」とグチをこぼすようになったら、どうでしょうか。
 または、マスターが仕入れにいった先が、駐車場がいっぱいで、仕方なく路上駐車し、買い物していると、わずかな時間に車にステッカーを貼られたら・・・
 「駐車監視員」に好意的だったマスターは、どう思うでしょうか。
 「取り締まってくれるのはありがたいんだけど、まずは、悪質なやつからステッカー貼ってってほしいよね」などと、「駐車監視員」に注文を出したくなるかもしれません。
 しかし。
 違法駐車に、悪質も良質もないのです。
 そこが、駐停車禁止であれば、郵便物集配車や、「駐車禁止除外指定車標章」を掲示しているなどの例外をのぞき・・・
 近くのコンビニに荷物を搬入中のトラックであろうが、年寄りにつきそって病院に行く途中の介護タクシーであろうが、お腹がいたくなってトイレに駈けこんでいようが、駐車中の車の近くにドライバーがいなければ、すべて、違法駐車は違法駐車。
 「駐車監視員」が見かけたら、例外なく、違法駐車のステッカーを貼られます、というか、監視員は、貼るしかない、のです。
 問題は、車に戻り、フロントガラスに貼られたステッカーを見たドライバーが、「違反して、社会に迷惑かけた自分が悪い」と納得するか、「なんで、自分だけ」と逆ギレするか・・・
 その反応のちがいは、「駐車監視員」制度についてどこまで知っているか、どのような印象を持っているか、で決まるのではないでしょうか・・・(続く) (07/07/12)  

sen

伸平駐禁ガール3 〜こちらの駐禁情報もどうぞ〜
駐禁.com MENU
(サイトマップ)
更新履歴 都道府県別駐禁情報 駐禁雑学集
観光地駐禁情報 駐禁罰金事情 駐車場事情 駐禁取締事情
駐車監視員事情 駐禁逮捕事情 駐禁便利情報 駐禁架空会話
その他関連情報 駐禁.comリンク集 駐禁.comについて 管理人日記
駐禁.com(ブログ) 伸平ストア 駐禁SNS
※mixi参加者のみ
トップページ


Google
 
Web 駐禁.com