トップページ > その他駐禁事情 > 全国駐禁関連報道2

全国駐禁関連報道2

 全国駐禁関連報道2・・・

 徳島県警交通指導課=
 06年6月、徳島県内では、『駐車違反162件に対して違反者の出頭件数が28件にとどまり、出頭率は17%に激減した。全国的にも同様の傾向がみられ、警察庁のまとめでは、6月の全国の出頭率は21%となっている』(http://www.topics.or.jp/ 08/09)。
 違法駐車のステッカーを貼られた場合・・・
 1=運転していた人間が出頭すれば「反則金」を支払った上、免許の違反点数2点が加点される。
 2=だれも出頭しないとき、車両の使用者に「放置違反金」の納付書が送付されてくるが、これを納付しても、免許の点数には関係がない。『ただし、放置違反金制度には罰則があり、駐車違反した日から過去半年間に計3回、違反金の納付命令を受けていると、乗用車の場合で2カ月間は使用できなくなる』(同上)。
 というわけで、どっちが得かと考えた場合、多くのドライバーが、一回の駐車違反なら「2のほうがいいや」という結論に達した模様・・・
 ちなみに、徳島県における05年度の『県内の駐車違反者の出頭率は98%』(同上)と、ほぼパーフェクト!

 山形県山形市=
 06年8月5日〜7日まで開かれた「山形花笠まつり」の観光客や帰省客が多く訪れる8月、『夜になると、最重点路線に定められた同市十日町のホテルキャッスル前交差点から同市七日町の山形銀行本店前交差点までの国道112号(約970メートル区間)では、改正道交法施行以前のように、客待ちのタクシーが並んでいる』(http://yamagata-np.jp/ 08/05)。
 同市では、タクシープールの設置が遅れていることもあり、駐車違反の取り締まり強化直後は激減した客待ちタクシーが、再び増加しつつあり、『山形署のまとめによると、7月に民間の監視員が確認した放置車両は100件。活動日の1日平均は5.0件で、6月の1日平均3.0件より、2件増加した。乗務員が常に車内にいて、すぐに移動できるタクシーは、放置車両と見なされないため、民間の監視員による違反確認は7月末現在ゼロ』(同上)とか。
 そうはいっても、大阪でも、富山でも、警察官による客待ちタクシーの一斉取り締りが実施されています。
 観光客が少なくなってきたら、客待ちタクシーばかりがめだつようになり、市民からの苦情が出て、警察が動くんじゃないでしょうか。
 乗客が少ないのに罰金を払わされるタクシードライバーは、たまったもんじゃないでしょうが・・・

 福井県福井市、鳥取県鳥取市=
 ちょっとした買い物に車でくる客が減り、売上が落ちたという商店街の悩みは、全国的なもので・・・
 6月に入ってすぐ、福井県福井市駅前商店街振興組合では、『駐車場情報を示した「パーキングマップ」を作成。商店街の各店舗などで無料配布』(http://www.mainichi-msn.co.jp/)し、駐車場を利用することで、安心して買い物をしてもらおうと活動しているという報道がありましたが、その後、めざましい成果があったという続報はなく・・・
 ほかの商店街と同じように、苦労しているものと思われます。
 また8月18日には、鳥取県鳥取市で、メーンロードが「駐車監視員」の対象区域・路線に指定された、若桜街道商店街と鳥取市が『駐車監視員制度の導入による商店街の影響について』(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 08/19)話し合う意見交換会(第二回)が開催され・・・
 『駐車の取り締まりが強化された同市中心市街地で、駐車場をどう確保するかという点を中心に協議。同市によると、居住用家屋を更地にして駐車場に利用した場合、税金の軽減措置がなくなって最大約6倍の負担増になることから、商店街側は駐車場に対する税制の優遇措置などを挙げた』(同上)ものの、合意にはいたらなかったとか。
 一説には、今回の違法駐車取り締まりは約2.5兆円の経済効果があるとされますが・・・
 商店街の人にとっては、”どこの国の話?”といった心境じゃないでしょうか・・・ (06/08/30)

sen

伸平駐禁ガール3 〜こちらの駐禁情報もどうぞ〜
駐禁.com MENU
(サイトマップ)
更新履歴 都道府県別駐禁情報 駐禁雑学集
観光地駐禁情報 駐禁罰金事情 駐車場事情 駐禁取締事情
駐車監視員事情 駐禁逮捕事情 駐禁便利情報 駐禁架空会話
その他駐禁事情 駐禁.comリンク集 駐禁.comについて 管理人日記
駐禁.com(ブログ) 伸平ストア 駐禁SNS
※mixi参加者のみ
トップページ


Google
 
Web 駐禁.com