トップページ > その他駐禁事情 > ガソリン価格下がるも安定感なし (米イラン関係好転せず)

ガソリン価格下がるも安定感なし (米イラン関係好転せず)

 10月4日、石油情報センターが発表したところによれば、『レギュラーガソリン1リットル当たりの店頭価格(全国平均、2日時点)は前週比1.2円安の142.6円と、3週連続で下落した』(http://www.jiji.com/ 10/04))とか。
 いっとき、バネがこわれた体重計のように数字がはねあがったガソリン価格ですが、ここにきて、ずいぶん落ち着いたようです。
 『首都圏の販売激戦区である国道16号沿いの小売価格は神奈川県相模原市〜埼玉県川越市周辺が1リットル134〜142円と9月初めに比べ2〜3円程度下がった』(http://www.nikkei.co.jp/ 10/02)とのこと。
 もっとも、そもそもガソリン値上げの原因のひとつとなったイラン問題が解決したわけではなく・・・
 10月3日には、アメリカの上下両院で、『イランの石油関連事業に年間2000万ドル(約24億円)以上を投資する企業やイランの大量破壊兵器開発を支援する企業などが対象』(http://www.nishinippon.co.jp/ 10/04)の、制裁発動を認めた「イラン自由支援法案」が成立するなど、アメリカとイランの間の緊張関係は変わっていません。
 そのため、ガソリン価格も、今のまま安定するとは思えないのですが、そのせいかどうか。
 かつてないほど好調な軽自動車の販売台数が、またも記録を更新しています。
 『全国軽自動車協会連合会が同日(10月2日)発表した9月の軽自動車販売台数は前年同月比5.0%増の18万4156台と9カ月連続で前年実績を上回り、9月としては過去最高を更新した。2006年度上半期の販売台数は前年同期比4.9%増の96万1721台で、上半期としても過去最高を更新した』(http://www.nikkei.co.jp/ 10/02)。
 ちなみに普通自動車のほうは・・・
 『日本自動車販売協会連合会(自販連)が(10月)2日発表した9月の登録車の新車販売台数は、前年同月比7.4%減の36万2810台となり、15カ月連続で前年実績を下回った。普通トラックは7.6%増の2万6837台と好調だったものの、乗用車が8.9%減の30万359台と苦戦した』(同上)と、すっかり明暗をわけた格好に。
 違法駐車取り締まり強化にくわえ、最近では、飲酒運転取り締まりも厳しく、出かけるたびに検問でとめられたりするため・・・
 ドライブが楽しくなくなってきたドライバーも多いんじゃないでしょうか。
 もっとも、地球温暖化も深刻な問題ですし、これからは・・・
 温暖化の原因である、二酸化炭素を大量にふくんだ排気ガスを出さずには走れない、ガソリン車にこだわるのは・・・
 公共の場所がほとんど禁煙となり、人前で吸うのがむずかしくなったタバコにこだわるくらい、時代にそぐわなくなってきているのかもしれません・・・ (06/10/05)

sen

伸平駐禁ガール3 〜こちらの駐禁情報もどうぞ〜
駐禁.com MENU
(サイトマップ)
更新履歴 都道府県別駐禁情報 駐禁雑学集
観光地駐禁情報 駐禁罰金事情 駐車場事情 駐禁取締事情
駐車監視員事情 駐禁逮捕事情 駐禁便利情報 駐禁架空会話
その他駐禁事情 駐禁.comリンク集 駐禁.comについて 管理人日記
駐禁.com(ブログ) 伸平ストア 駐禁SNS
※mixi参加者のみ
トップページ


Google
 
Web 駐禁.com