飲酒運転さらなる厳罰化か (その他90)

(初出:06/11/23) ※アーカイブ

 幼児3人が亡くなった痛ましい福岡の事件以来、たえることない飲酒運転報道。
 さすがに、これだけ逮捕者報道がつづくと、「飲んだら乗るな」が流行語のようになってきています。
 つぎのような記事がありした。
『全国の警察は11月16日~17日、16日夜から17日早朝にかけ、主要幹線道路や繁華街の周辺などで一斉の車両検問を実施し、飲酒運転で757件を摘発、25人を逮捕した』
『昨年11月の同様の検問では飲酒運転の摘発が1103件に上っており、同庁は「抑止対策の効果があった」としている』
(http://www.sanspo.com/ 06/11/17)
 05年の摘発件数1103件-06年の摘発件数757件=346件、約31%減。
 たしかに効果があがっています。
 しかし11月16日、内閣府が発表した「交通安全に関する特別世論調査」では、国民の多くがさらなる飲酒運転の罰則強化を求めているとされています。
 調査には、全国20歳以上の男女1704人が回答。
『飲酒運転の質問では、罰則を強化すべき対象を七つの選択肢から複数回答してもらった。「飲酒運転をした運転者」が72.8%で最も多く、続いて「飲酒運転で交通事故現場から逃走した場合」が67.2%。一方、「飲酒運転の車に同乗した人」は44.1%、「運転者に酒を提供した人」も43%と、ドライバー以外の罰則強化は割合が低かった。「今のままでよい」も8.5%あった』
(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 06/11/17)
 ちなみに現在(※06年当時)の道交法では、酒酔い運転には3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されますが、今後、さらなる厳罰化が実現すれば・・・
 飲酒運転が発覚した時点で、社会生命を絶たれる人が続出するかもしれません。
 車は便利だが、”走る凶器”にもなる・・・
 当たり前ですが、あらためてこの事実を肝に銘じて運転しないと、ドライバーはたいへんなことになります・・・