駐禁ってレベルの話じゃないぞ (その他:令和112)

(初出:20/03/24)

 なんだかスケールが大きすぎて当サイトが扱うレベルを超えてますが ・・・
 2020年3月24日、トヨタとNTTが相互出資することが発表されました。
『トヨタ自動車とNTTは24日、資本業務提携で合意したと正式発表した。相互に2千億円を出資して株式を持ち合う。街全体をITでつなぐ次世代都市「スマートシティー」事業の推進で連携する。静岡県裾野市や東京都港区での同事業で協力し、他の都市にも展開していく。』
出典:共同通信ウェブサイト 20/03/24 「トヨタ、NTTが相互出資」(https://this.kiji.is/615089244511437921)
  「スマートシティー」事業については、記事「トヨタの代名詞が”車”でなくなる日」で触れましたが、トヨタが中心となって、 IoTやAIなど最新技術を駆使し、街を丸ごと新しく作ってしまおうという一大プロジェクト。
 ここにトヨタと同じく、最先端技術を研究するドコモの力が加わるわけで、これはもう鬼に金棒。完成したら住んでみたいほど。
 もしかするとこの街では、車の運行はすべてAIが制御、駐禁の場所に停めようとしたら警告音が鳴ったり、酒気帯びで運転席に座るとエンジンがかからなかったり、速度超過したら自動的にブレーキがかかったりするのかも。
 そして、いずれ車は、完全に自動運転となり、乗り込んで目的地をいうだけの乗り物となるのでしょう。
 ただ、そんな日がきたら、運転免許の必要がなくなるような気がするんですけど・・・