令和の差し押さえ (罰金:令和4)

(初出:19/09/11)
 
 元号変われど、負の遺産・・・
 駐禁の反則金を支払わないと送付されてくる、放置違反金の納付書。
 この「放置違反金」の滞納は、平成の頃から問題視されていましたが、令和になっても解決していません。
 19年7月、つぎのような報道がありました。
『神奈川県警は11日、違法駐車車両の放置違反金を多重に滞納していた県内15法人に対し、事業所の捜索差し押さえなどを実施した結果、95件の違反について計約165万円を徴収したと発表した。』
『県内の未納違反金は2018年度末時点で、約5億7600万円(約4万3千件)に上る。同課によると、捜索を受けた法人の中には「警察が差し押さえまでするとは思わなかった」として、捜索時などに自主的に納付に応じたケースもあった。』
出典:カナロコ  19/07/11 (https://www.kanaloco.jp/)
 4万件以上の未納、滞納額5億以上に対し165万円の徴収・・・
 解決するどころか、むしろ膨れ上がっています。
 駐禁取り締まりの民間委託「駐車監視員」制度が導入されたのは、2006年のことですが、以来13年以上が経過。制度疲労が起きているのかも。
 いくら「駐車監視員」が駐禁を確認してきても、「放置違反金」が納付されないと、制度導入以前に見られた「逃げ得」が復活してしまいます。
 ちなみに、「駐車監視員」制度が導入される前年、2005年に反則金支払いを免れたのは全体の27%にものぼっています。
 摘発に対して追いつかない回収・・・
 今は駐禁の確認だけですが、そのうち、「駐車監視員」に違反金の回収まで委託するよう検討されるのでは・・・