「駐車監視員」仕事にならず (その他:令和36)

(初出:19/10/13)

 決壊したのは多摩川でした・・・
 本日19年10月13日、台風19号は日本を蹂躙しまくり、北の海に去っていきました。
 数ある被害の中で意外だったのは、東京世田谷区の浸水です。
 つぎのような報道がありました。
『台風19号に伴う多摩川の氾濫で浸水被害があった東京都世田谷区の住宅地には、被害の爪痕が生々しく残った。東急田園都市線二子玉川駅近くの多摩川沿いの路上はぬかるみ、泥水がたまったままの建物も。歩行者は足元を気にしながら歩き、スコップで泥をかき出す住民の姿が目立った。』
出典:日本経済新聞ウェブサイト 19/10/13 (https://www.nikkei.com/)
 都内で、台風上陸前に不安視された地域はといえば、断然江戸川区。
 前日にはつぎのように報道されていました。
『台風19号の接近に伴い、東京都江戸川区の一部に避難勧告が出されたことが、インターネット上で話題だ。ツイッターではトレンド上位10位圏内に「江戸川区」が入り、注目を集めている。』
出典:J-CASTニュース 19/10/12 (https://www.j-cast.com/) 
 しかし、最大瞬間風速43.8メートルを記録しながらも、江戸川区は持ちこたえました。
 いっぽう、思ってもみなかった被害に、声も出ない世田谷区民もいたかもしれません。
 ちなみに東急線二子玉川駅周辺は、所轄・玉川警察署の「駐車監視員」が見回る最重点地域となっていますが・・・
 いつもなら違法駐車が多く見られた連休でしょうが、さすがに今回の3連休は仕事にならなかったでしょう ・・・

※玉川警察署を含む、東京都における「駐車監視員ガイドライン」は下記ページから確認できます。
関東エリア|駐車監視員ガイドライン(※リンク先にはPDFが含まれます)