駐禁除外章またも不正使用発覚 (逮捕38)

(初出:06/11/02) ※アーカイブ

 身体障害など特別な事情がある人に発行される「駐車禁止除外指定車標章」をめぐっては、これまでにも不正利用の報道がありましたが、今回はいかにもタイミングが悪すぎました・・・
 生保会社社員が逮捕されたという報道がありました。
『身体障害者の介護用に発行された駐車禁止除外指定車標章を不正使用し、通勤や営業で使う私有車の路上駐車を繰り返したとして、大阪府警は30日』
『車庫法違反の疑いで逮捕した。同推進室の48歳と46歳の女性社員2人も同容疑で書類送検する方針』
(http://www.asahi.com/ 06/10/30)
 保険業界は今、「保険金不払い問題」がマスコミをにぎわしてる真っ最中。
 たとえば、06/11/01にもつぎのような報道がありました。
『損害保険大手6社は31日、医療保険など「第3分野」と呼ばれる保険商品の保険金不払いに関し、金融庁の報告命令に基づく調査結果を発表した。01年7月~今年6月の5年間で、第3分野での不払いは6社で4365件、12億2100万円にのぼった』
(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 06/11/01)
 そんな話題の渦中にある会社の人間が、知人から借りた標章を不正利用。
 しかも、同地区を担当している「駐車監視員」からは、常習的な駐禁だったのではとの指摘もあるとか。
 これから捜査が行われるようですが、不正が横行していた社内から不払い問題が発生したとすれば、ある意味、納得です・・・