摘発14回、放置違反金18万円強制徴収 (罰金17)

(初出:07/03/24)

 「関係ない」は通用せず・・・
 07年3月愛知県で、滞納した放置違反金を一気に徴収されたという報道がありました。
『駐車違反を14回重ねたのに一度も違反金を納めなかったとして、県警駐車対策課は23日、名古屋市中川区の男(26)の銀行口座から違反金計18万円を強制徴収した』(http://www.tokyo-np.co.jp/ 07/03/24)
 放置違反金の強制徴収自体は全国で行なわれており、愛知県内でも男が7人目で、いまさら驚くことはありませんが、さすがに10万円を超えたのは初めてのケースとか。
 不思議なのは・・・
 男名義の乗用車は、06年6月から9月の3カ月の間に、14回違法駐車で摘発されたと報道されていること。
 愛知県では、6月~8月までに4回違法駐車をくりかえした車にたいして、20日間の「使用制限処分」が出されています。
 同じ時期に、同じ場所で、駐車違反を重ねながら・・・
 かたや4回で「使用制限処分」。
 かたや14回で「差し押さえ」(違反金強制徴収)。
 愛知県警は、14回駐車違反違反した男に納付命令書など計70通の文書を送ったということですが、なぜ「使用制限処分」を出さなかったのか、理由は不明です。
 ちなみに、この14回駐車違反違反男、今回強制徴収されたのとはべつに、2件の放置駐車の違反金も「自分と関係ない」と納めていないとのこと。
 これから「使用制限処分」が出されるのかもしれません・・・