爆増、兵庫県「駐車監視員」 (駐車場40)

(初出:08/05/25) ※アーカイブ
 
 兵庫県のバイクライダーの皆様、ご注意ください・・・
 06年に取り締まりを強化した途端、たった一ヶ月で前年1年の2.5倍も摘発された、兵庫県の違法駐車バイクですが、08年6月、同県ではさらに違法駐車取り締まりが強化されます。
 つぎのような報道がありました。
『改正道交法施行で、子どもや高齢者らが乗った自転車の歩道通行が認められるようになるため、歩道を占拠する二輪車の違法駐車監視にも力を入れる』
『県内23署で導入している民間の駐車監視員の活動範囲を55カ所増やし、273カ所に広げ』
(http://www.kobe-np.co.jp/ 08/05/23)
 増えた活動範囲の中には、駅周辺などバイクの違法駐車多発地帯15カ所が含まれます。
 活動地域だけではなく、「駐車監視員」も大幅増員。
 06年制度開始当初、兵庫県では14警察署が「駐車監視員」を導入しましたが、08年には23警察署とおとなり大阪府(27警察署)に迫る勢い。
 人数も、42人(21ユニット)だったのが112人(56ユニット)と倍増以上です。
 しかし「駐車監視員」の増員とは裏腹に、兵庫県のバイクライダーの数は、減少しているんじゃないでしょうか・・・