手を出したら負け (逮捕61)

(初出:08/04/16)

 ドライバーもカメラを持ち歩いていたら・・・
 08年3月27日、長崎県で、「駐車監視員」に暴行した65歳のドライバーが逮捕されましたという記事がありました。
『長崎市小峰町の路上で、駐車違反の取り締まりをしていた監視員(39)らに「お前らの車が駐車違反だろ」などと言いがかりを言って、監視員に体当たりするなどし、駐車監視員の公務を妨害した疑い』
(http://mainichi.jp/ 08/03/28)
 「駐車監視員」への暴行事件は、06年6月~12月の半年だけでも46件に及んでいますが、長崎県ではこれが初めて。
 それはさておき、問題は「駐車監視員」の車が、男の主張通り、駐車違反していたのかという点です。
 実際に、07年11月三重県で、交通違反取り締まり中のパトカーが交通反則切符を切られるという出来事があったくらいですから、可能性は0ではありません。
 が、しかし・・・
  「駐車監視員」 のようにカメラを持ち歩いて写真でも撮っているならまだしも、物的証拠がなければ証明できず、まして、手を出してしまったら万事休すです・・・