ぬりかべ、飲酒運転防止に体を張る (観光地13)

(初出:06/12/02) ※アーカイブ

 飲酒運転に妖怪”ぬりかべ”もダメ出し・・・
 ご当地出身の漫画家・「水木しげる記念館」(http://www.sakaiminato.net/mizuki/)や、「ゲゲゲの鬼太郎」など妖怪のブロンズ像が並ぶ「水木しげるロード」(http://www.sakaiminato.net/c817/roadmap/map/)で有名な、鳥取県境港市。
 同市の観光協会では06年今年、「妖怪川柳コンテスト」(http://www.sakaiminato.net/senryu/)が実施されましたが、その入選作がコースターになりました。
 つぎのような記事がありました。
『鳥取県警境港署は、飲酒運転をなくそうと、第1回妖怪川柳コンテストの入選作を印刷したコースターをつくった』
『「ぬりかべが 飲酒運転 通せんぼ」』
(http://www.sanspo.com/ 06/11/30)
 2000枚作られたこのコースターには「ぬりかべ」が両手を広げて飲酒運転の車を停める姿が描かれているとか。
 また境港市にある唯一の交番は、06年7月、「鬼太郎交番」と命名されたそうです。
 交番の玄関には、県警の制帽をかぶった鬼太郎の看板や、目玉おやじをイメージした外灯がつけられているとか。
 鬼太郎が見張っていてくれれば、安心このうえなしですが、残念ながら、妖怪ポストは設置されてないようです・・・
 それにしても鬼太郎による町おこしで、今や、鳥取県を代表する観光都市となった境港市。
 どうせなら、同市の「駐車監視員」も制服の上から、鬼太郎のちゃんちゃんこでも着れば、市民から愛されるようになるのに」と思ったら・・・
 じつはまだ、同市では、「駐車監視員」制度は導入されていませんでした・・・