まだまだある? 初”使用制限処分”1(罰金30)

(初出:07/11/07) ※アーカイブ

 07年9月28日、鹿児島県で”使用制限処分”が出されたとの報道がありました。
『鹿児島市内で違反を繰り返した4台の車両に10~40日間の使用制限処分(運転禁止)を出した。2006年6月の改正後、県内での使用制限処分は今回が初めて』(https://373news.com/ 07/09/29)
 ”使用制限処分”とは、6カ月の間に3回以上「放置違反金」納付命令が出された車両に下される処分で、ポイントは、違法駐車が確認された時に誰が運転していたかは関係ないということ。
 たとえば、半年の間に・・・
 父親が所有する車を、息子が運転して駐車違反で摘発、奥さんが運転して同じく駐車違反で摘発。
 最後に、父親本人が運転して駐車違反で摘発されたとします。
 そして息子と奥さんは、「罰金払えばいいんでしょう」と「放置違反金」は納付したものの、違法駐車で摘発されたことは父親にはいわずにいた。
 そして父親は、違法駐車で出頭すると免許に加点されるのをいやがって、「放置違反金」を払ってすませようとした。
 すると、ある日突然、父親の愛車のフロントガラスに、「運転禁止標章」というステッカーが貼られる”使用制限処分”が出されたりするわけです・・・