全国平均1日約3.3台、「駐車監視員」違法駐車確認台数 (その他 )

(初出:06/09/17)

 違法駐車確認件数、1日平均3.3台・・・
 06年9月13日、警察庁が発表した「新たな駐車対策法制の施行状況について」というレポート。
 それによると「駐車監視員」が違法駐車を確認し、ステッカーを貼りつけた車両の台数は、6月=48,681件、7月=82,691件、8月=105,236件。
 月を追うごとに件数が増えているのは、「駐車監視員」が確認作業に習熟していったから。
 5月の訓練では、15分以上かかった監視員もいたという確認作業ですが、今ではスピードアップ。それにつれて確認件数も増えているのです。
 2人1組(ユニット)で行動する「駐車監視員」の人数は、06年現在、全国で1,580人(790ユニット)。
 計算してみると、つぎのようになります。
 「駐車監視員」が6月~8月ステッカーを貼りつけた台数(236,608台)÷790(ユニット数)÷91日(3カ月)=約3.3。
 つまり、06年6月~8月に「駐車監視員」1ユニットが1日に確認した違法駐車車両の、全国平均台数は、約3.3台ということです。
 ちなみに、東京都での「駐車監視員」活動について、つぎのような記事がありました。
『違法駐車を示すステッカー「放置車両確認標章」の取り付け件数は12万9066件。民間の駐車監視員が付けたケースは、6万2895件(48.7%)あった』
(http://www.tokyo-np.co.jp/ 06/09/14)
 東京都の「駐車監視員」の数は、530人(265ユニット)。
 62,895件÷265(ユニット数)÷91日(3カ月)=約2.6。
 全国平均よりすこし数字が低いです。
 ほかの地域はどうかといえば、栃木県では約5.5台、岐阜県では平均4.5台、熊本県では平均1.2台、大阪府では平均4.2台となっています。
 「駐車監視員」の給料は、ステッカーを貼りつけた車両数に応じた歩合制ではないので、数字が低くても問題ないのですが・・・
 他の警察署の手前、数字があがらない警察署は、ひそかに「駐車監視員」にハッパかけているんじゃないでしょうか・・・