五輪見物にマイカーは地獄を見る? 2 (駐車場:令和77)

(初出:19/11/23)

 駐車場難民続出の恐れ・・・
 2020年東京五輪期間中、競技会場周辺の民間駐車場は予約専用となるので、予約をとらずにマイカーで来場した場合、すごすごと引き返すしかありません。
 なぜなら、あたり一帯、警視庁が特別の「五輪シフト」で駐禁の取り締まりを行うので、とてもその辺の適当な場所に車を停めたりできないからです。
 警視庁が「五輪シフト」を敷くのは、競技会場周辺と、選手団の移動ルート、つまり晴海通りなど。
 つぎのような記事がありました。
『警視庁が駐車違反の取り締まりで「五輪シフト」を強めている。選手団の移動ルートや競技会場周辺を重要エリアに設定。警察官が張り込み、短時間の違法駐車も厳しく摘発する。』
出典 :日経新聞ウェブサイト 19/11/10 「駐禁取り締まり、五輪シフトに 選手移動ルートを強化」(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51939940Y9A101C1SHJ000/)
 多くの競技会場が配置されている東京港周辺は、銀座、お台場などがある日本有数の観光地。
 さらに物流の要として、外国からたくさんのコンテナを積んだ船が乗りつけるコンテナターミナルもあり、輸送トラックが集結する場所でもあります。
 都の推定では期間中、都内を走る選手・関係者が乗ったバス、乗用車だけで約6千台あるとか。
 ここに世界中からの観光客が加わり、さらにマラソン開催が回避されるほどの熱波が予想される・・・
 そんなカオスな場所で空いてる駐車場を探しての運転は、渋滞した高速道路の運転より辛い、地獄のドライブ。
 駐車場を予約しない車の競技会場来場は、けっしておススメしません・・・