自動車盗で死亡事故 (駐車場37)

(初出:07/04/19) ※アーカイブ
 
 駐車場に停めていたのに悲惨な目に・・・
 どこに駐車していても、安心できない時代となりました。
 07年4月15日夜千葉県船橋市で死亡事故が発生、つぎの記事のような事件がありました。
『男性会社員(36)が倒れ、その西約60メートル先でエンジンキーの差し込み口が壊れた男性の乗用車が見つかった。男性は後頭部の骨を折るなどしており、搬送先の病院で死亡が確認された』
(http://www.zakzak.co.jp/ 07/04/16)
 なぜこんなことになったかといえば、警察の調べでは、自動車盗の現場に出くわして、犯行に巻き込まれたのではないかとのこと。
 盗まれそうになった男性の車は、新車で国産スポーツカー、1台350万以上。
 犯行の様子はつぎのように想像されています。
『路上には車が蛇行したとみられるタイヤ痕』
『盗まれるのを阻止しようと車体にしがみつき、約100メートル引きずられた可能性が高い』
『振り落とそうとしてハンドル操作を誤り、塀に衝突した』
(http://www.nikkansports.com/ 07/04/16)
 死亡した男性は、妻と生後間もない子どもの3人暮らしだったのとのことで、同情を禁じえません。
 ちなみに自動車盗は06年1月~10月まで、全国の駐車場で1万8,820件も発生しています。
 駐車場に停めて安心なのは、違法駐車取り締まりに関してだけで、車上荒らし、自動車盗の被害については、安全な保障がありません。
 考えたら、トイレの屋根が盗まれる時代です。
 どこでどう犯罪に巻き込まれるかわからず、用心に越したことはありません・・・