”借りパク”カーシェア (その他:令和38)

(初出:19/10/15)

 車を借りパク・・・
 子どもの頃、友だちにマンガやゲームを貸してかえってこなかった経験はないでしょうか。
 俗語でそれを”借りパク”といいますが、まさか大人になってやられるとは。
 つぎのような報道がありました。
『個人が所有する車を別の人に貸す「個人間カーシェアリング」で、貸し出した外国車が売却されたり、返却されなかったりするトラブルが大阪市内で相次いでいることが15日、関係者への取材で分かった。』
出典:共同通信ウェブサイト 19/10/15 「カーシェアリングで無断売却か」(https://this.kiji.is/556572660309181537)
 相手の身元がわかってるのになぜ、と思ったら、個人を証明する運転免許証は偽造の可能性があるとか。
 ”違法駐車で摘発されないよう駐車場に車を停めたら盗まれた”という自動車盗被害は、年々件数が減少していますが、官民合同のプロジェクトチームHPによれば、大阪における昨年18年の自動車盗被害は1,388件と全国2位。
出典:自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチーム (http://www.car-tounan-boushi.jp/condition.html#higaigaku)
 しかし、対前年増減率では、-0.4%と減少しています。
 もしかして犯行がやりづらくなった自動車窃盗団が、急成長しているカーシェア市場に目をつけたのかも。
 「親の意見と茄子の花は千に一つも無駄はない」。
 小さい頃、親にいわれた言葉、「知らない人にものを貸しちゃダメ」は大人になっても有効なようです・・・