ビートルズと違法駐車、50年目の修正 (その他:令和106)

(初出:20/02/06)

 ビートルズに関わると、なにごとも大げさに・・・
 名実ともに”世界一のバンド”として称えられる英国出身の4人組、ビートルズ。
 活動期間は1962年から1971年までと10年に満たない短いものでしたが、半世紀が過ぎてもなお、その影響力は衰えるどころか、どんどん増しています。
 2019年には最後のスタジオアルバム「アビイ・ロード」の発売50周年を記念し、50周年記念エディションがリリースされ、ヒットしました。
『4日発表された英音楽チャートで、発売から50年が過ぎたビートルズの代表的アルバム「アビイ・ロード」が週間売り上げで首位となった。首位奪還は49年252日ぶり。不朽の名作が歴史的快挙を成し遂げた。』
出典:時事ドットコム 19/10/05 「「アビイ・ロード」50年ぶりに英国で首位=ビートルズ名作、ポールもびっくり」(https://www.jiji.com/jc/article?k=2019100500190&g=int)
 ところでこの快挙の裏で、ある違法行為の修正が行われていました。
 それは、フォルクスワーゲンの違法駐車の修正。
 ビートルズの4人が横断歩道を渡っている「アビイ・ロード」のアルバムジャケットはあまりにも有名で、数多くの観光客や有名人が同じポーズで写真を撮ったりするため、2010年12月この横断歩道は、英国の文化的・歴史的遺産に指定されたほど※。
 また、ジャケットに写っている人物については、たまたま現場に居合わせた無関係な観光客まで名前を特定されるなど、分析されまくっています。
 そしてこのジャケットで、いちばん左にいるジョージ・ハリソンの後ろに写っているフォルクスワーゲンが、半分歩道に乗り上げた違法駐車状態となっているのです。
『そんな違法駐車をなくすべく活動しているフォルクスワーゲンにとって、ちょっと悲しい写真ともいえます。そんななか、アビイロードのアルバム発売から50年が経過した2019年に「合法駐車バージョン」のアイビロードジャケットを限定発売することが決定しました。』
出典:Buzz Plus News 19/09/25 「違法駐車が写るビートルズ「アビイロード」ジャケット / 50年ぶりに合法駐車バージョン発売決定」(https://buzz-plus.com/article/2019/09/25/beetles-abbey-road-reparked-edition/)
 実際にジャケットが公開されているHPはつぎのとおり。
・volkswagen
(https://www.volkswagen.se/sv/om-volkswagen/vw-magasin/teknik/abbeyroad.html)
 写っているのは、ビートルズ抜きで再現された「アビイ・ロード」のジャケット。
 オリジナルでは歩道に乗り上げているフォルクスワーゲンが、ちゃんと歩道に駐車していて、これなら駐禁をとられることもありません。
 フォルクスワーゲン社では、このジャケットを限定発売し、売上はスウェーデンの児童支援団体に寄付したとのことですが、いったいどれくらい売れたのかというと、Google先生の翻訳によれば、合計243枚売れたそうです。
 50年前の写真の片隅に写りこんでるアイテムですら、世界的なニュースになってしまうビートルズ。
 もしも今も活動していてSNSをやっていたなら、世界一バズるグループになっていたことはまちがいありません・・・

※「アビイ・ロード」(出典:wikipedia