「2つでじゅうぶんですよ、わかってくださいよ」 空飛ぶクルマ(その他:令和125)

(初出:20/06/26)

 なんのこっちゃとお思いの方・・・
 タイトルに使ったのは、1982年公開の名作SF映画「ブレードランナー」冒頭で、屋台のおじさんがハリソン・フォードに話す日本語のセリフです。
 映画の舞台となるのは、高層ビルが立ち並ぶ超未来都市。
 しかし地上はごみごみとしていて、屋台が立ちならんでいます。
 そこでヌードルを頼み、トッピングを4つ入れろというハリソン・フォード演じる主人公に対し、「2つでじゅうぶんですよ」と訴える店主。
 なんらストーリーには関係ありませんが、思いがけず聞こえてくる日本語と相まって、ファンの間では有名なシーンです。
 なぜ、このシーンを取り上げたかというと、そこに登場するのが、まさに本稿で取り上げる「空飛ぶクルマ」だから。
 まずは、下記の動画をご覧いただけますでしょうか。
 

 この動画は2018年、イスラエルの会社が行った、エアタクシーのデモ飛行の模様。
 その飛び方が、まさに「ブレードランナー」に出てくる「空飛ぶクルマ」(作中では”スピナー”)と同じなのです。
 ただ動画から2年たち、開発も進んで、現在開発中の機体はより鋭角的なラインとなっています(企業HP「CityHawk」)。
 そしてその動力について、つぎのような報道がありました。
『イスラエル拠点のUrban Aeronauticsは、二酸化炭素排出量ゼロの水素電力をeVTOL CityHawkに実装する契約をHyPointと締結した。』
出典:DRONE 20/06/24 「Urban Aeronautics、CityHawk水素駆動化のためにHyPointと提携」(https://www.drone.jp/news/20200624111546.html)
 「空飛ぶクルマ」の開発をめぐっては日本でも、トヨタ(参考記事)をはじめ、JAL(参考記事)、NEC(参考記事)など、業種を問わず、さまざまな企業がしのぎを削っています。
 コロナ禍で増えたといわれるマイカー通勤ならぬ、エアカー通勤ができる未来が、いよいよ手の届くところまできました。
 ところで、この「空飛ぶクルマ」が駐禁をとられたら、どうなるか。
 おそらく地上と鎖でつながれ、離陸できないようにするのでは。
 もっとも、宙に浮いてても駐車というのか、微妙な気がしますが・・・


(PR)
kindleで電子書籍を発行しました。SFあり、恋愛あり、お笑いありの内容。駐禁.com初期投稿「架空会話」1~3も収録。Kindle Unlimited 会員であれば無料で、会員以外の方は有料(250円)となりますが、Kindleアプリが使える環境でお読みいただけます。
「ショートストーリーズ: 駐禁.comの”薄い本” 」(テキスト工房Books) Kindle版
本書未収録の作品をnoteで公開中。
よろしければお読みいただき、お気に召したら、kindle本のほうもお読みいただければ幸いです。
・kindle未収録作品1:「デザートの気分」
・kindle未収録作品2:「ゲーム開発」