ブレイクするか、セグウェイが電動キックスクーター取扱い(その他:令和194)

(初出:21/02/15)

 セグウェイジャパンが、電動キックスケーター取り扱いを開始します・・・
 かつて世紀の発明とまで呼ばれた電動立ち乗り二輪車、セグウェイ。
 しかし2003年初上陸した日本では、道交法の高い壁に阻まれ公道を走れず、不遇をかこつ存在でした。
 そのセグウェイジャパン株式会社が本日(2021年2月15日)より、法人向けに電動キックスクーターを販売開始すると発表しました。
『セグウェイジャパン株式会社(本社・横浜市中区、代表取締役社長:奥田圭太/以下、セグウェイジャパン)は、法人向けにセグウェイブランドを冠した電動キックスクーター製品「Segway-Ninebot Max G30」を2021年2月15日より販売を開始します。』
出典:セグウェイジャパン株式会社 21/02/09 「セグウェイジャパン、法人向け電動キックスクーター事業開始」(https://segway-japan.net/information/2021/0209_pressrelease.html)
 電動キックスクーターをめぐっては、かつてのセグウェイのように道交法が普及の障害となっていますが、当時とはすこし状況が異なり、ヘルメット装着を免除する特例措置の実施を検討するなど、警察庁も規制緩和へ歩み寄りつつあります(参考記事:「駐車監視員も熱視線? 電動キックスケーター」)。
 また電動キックスクーターを扱っているのは、セグウェイ1社だけではなく、多くの会社が参入してきており、中には、ベンツのような大手もいます。
 つぎのような報道がありました。
『このほどduPont REGISTRYは、Mercedes-AMG Petronas F1 Team Edition」をオフィシャルでうたった電動キックボード「Mi Electric Scooter Pro 2」が、Xiaomi(シャオミ)から発売されたことを明らかにしました。』
出典:GIZMODO 21/02/13 「メルセデスを手に入れるチャンス! F1チームとコラボした渋すぎる電動キックボードが発売」(https://www.gizmodo.jp/2021/02/xiaomi-mi-electric-scooter-pro-2-special-edition.html)
 まだまだ規制が厳しい日本で、ライバルでもあり、仲間でもあるたくさんのメーカーとともに立ち向かう、セグウェイの新たな挑戦に注目したいと思います・・・