空飛ぶクルマ、助走段階か(令和256)

(初出:22/11/07)

空飛ぶクルマ、助走段階か・・・

鵜の目鷹の目で駐車監視員が巡回する地上は、もうたくさん。

自由を求めて、ドライバーが空に飛びだす時は、近いのかもしれません。

丸紅株式会社、株式会社長大、南海電気鉄道株式会社、東京海上日動火災保険株式会社は、令和4年12月14日から、大阪にて、「空飛ぶクルマが叶える“未来型旅行体験”モニターツアー」を開催すると発表※1しました。

”実験”とはいえ、搭乗するのは、費用をとって一般から募集する乗客。

今回のツアーは、2025年大阪・関西万博で”空飛ぶクルマ”を本格導入しようと、吉村知事自ら取り組んでいる大阪※2にとって、重要な意味を持つのではないでしょうか。

ちなみに、今回のツアーで、大阪ヘリポートから中の島までの飛行の費用は、往復で40,000円。

アプリを使って調べたところ、同じ区間を、タクシーを使って移動した場合の料金は、往復で約130,000円。

また、タクシーによる移動時間は、約5時間。

空飛ぶクルマによる移動時間は分かりませんが、一直線に目的地に向かう分、地上を走るよりはるかに速いはず。

乗り心地はまだ未知数ですが、上記数値が正しいならば、空飛ぶクルマ、”速くて安い”交通手段ということになります。

これで、”楽しい”が加われば、いうことないのですが、はたして・・・

※1=参考記事:体験募集.com 22/11/07 
※2=参考記事:通天閣を飛び越えて


☆PR☆(Amazon)

Holy Stone ドローン 小型 100g未満 こども向け バッテリー3個 カメラ付き 室内 ミニドローン 初心者 子供用 収納ケース付き 手投げテイクオフモード ヘッドレスモード 高速旋回モード 高度維持 2.4GHz 4CH モード1/2自由転換可 国内認証済み HS420