なぜタイ人? 盗品「ご当地ナンバープレート」買取 (逮捕:令和73)

(初出:19/11/19)

 はた迷惑な「ご当地ナンバープレート」盗難事件の発端は、タイ人でした・・・
 今年19年09月埼玉県で逮捕された、ミニバイク用「ご当地ナンバープレート」盗難事件の犯人。
 その犯人が盗んだナンバーを買い取った人物が、11月18日逮捕されました。
 つぎのような記事がありました。
『埼玉県などで地元の名物やキャラクターを描いた原付きバイク用「ご当地ナンバープレート」が大量に盗まれる事件があり、県警は18日、盗難ナンバーを買い取ったとして、盗品等有償譲り受けの疑いで、タイ国籍で同県熊谷市上中条の自称バイク販売業、サマーン・マークムアン容疑者(46)を逮捕した。「タイの知人に転売するために買い取った」と容疑を認めている。』
出典:産経新聞ウェブサイト 19/11/18 「盗品のご当地ナンバー買い取り容疑で逮捕 「転売するため」」(https://www.sankei.com/affairs/news/191118/afr1911180037-n1.html)
 可愛いキャラクターが描かれた「ご当地ナンバープレート」が人気なのはうなずけますが、わからないのは、なぜタイ人が欲しがるのかということ。
 今回逮捕されたタイ人は、さらにべつのタイ人に転売しようとしたそうですが、報道によれば、各地で盗まれた「ご当地ナンバープレート」の総数は633枚にもなるとか。
 そんな大量のナンバーを買って、どうするつもりだったのでしょうか。
 盗難バイクにつけて乗る?  
 駐禁取締まりにしても、スピ―ド違反にしても、目立ちすぎて逆効果。
 タイ人に日本お土産として売る? 
 国に帰っても使えないナンバーを買い求める物好きな観光客が、そんなに大勢いるでしょうか。
 犯人は逮捕されましたが、謎は深まるばかりです・・・