うれしい誤算? (駐車監視員初日成果) (取締13)

(初出:06/06/06) ※アーカイブ

 違法駐車取り締まりを民間委託する「駐車監視員」制度がはじまって、はや6日目。
 端末のトラブルなどが続出した、初日の混乱もどこへやら・・・
 村上ファンドの村上世彰が逮捕されるなど、ショッキングな事件が続いているため、マスコミは、すっかり関心をなくしたようですが。
 今日も地道に「駐車監視員」は担当地域を見回っているのです。
 ところで現時点で、「駐車監視員」制度の最大の問題はといえば、取り締まり対象となる、違法駐車車両の数です。
 06年6月1日、「駐車監視員」制度開始初日。
 「駐車監視員」が標章(ステッカー)を貼った違法駐車車両の数は、全国でたった965件だったとか。
 その日の「駐車監視員」の出勤状況についての報道がありました。
『初日の1日、民間委託の監視員は264警察署で計1,593人が出動』
(http://www.asahi.com/ 06/06/02)
 駐車監視員は2人1組(ユニット)で行動するので、1,593人ということは約796ユニット、それで965件。
 つまり1ユニット1日あたり1.2件しか、確認作業ができなかったという計算になります。
 たしかに、初日は、全国11都道府県で、取り締まり用の端末のトラブルが発生し、作業が中断したため、実働時間は少なかったかもしれません。
 それでもこの数字では、「駐車監視員」制度は、計画倒れとなりかねません。
 ちなみに、これまでに発表されたデータから推測される違法駐車確認見込み件数は、1ユニット(2人)あたり1時間に1台。1日8時間勤務で8台というもの。
 もっともこの日は、取り締まりが強化されるという事前告知が効果的だったためか、違法駐車そのものが少なかったようです。
 この日、「駐車監視員」ではなく、警察官が処理した違法駐車の件数は3,779件。
 「駐車監視員」の965件と合わせると4,744件になりますが、この数字について、つぎのような報道がありました。
『昨年の1日平均より約1,000件少なく、警察庁は「取り締まりへの関心が高く、違法駐車を控えたドライバーが多かったようだ」とみている』
『千葉市のJR千葉駅前の道路約300メートルでは、施行前の5月29日に21台が確認されたが、1日は1台だけだった。福岡市中心部の明治通り約250メートルでは5月29日は69台だったが、1日は12台だった』(http://www.mainichi-msn.co.jp 06/06/02)。
 もしも、全国のドライバーがこのまま、違法駐車をしないよう心がけたら、全国の繁華街で車の流れがスムーズになり、渋滞が解消されるかもしれません。
 もっともその場合、違法駐車車両がいなくなるので、「駐車監視員」の存在意義そのものが問われる可能性も・・・
 なんというか、「薬がききすぎた」という感じでしょうか・・・