どう変わった? (取締8)

(初出: 06/05/10) 

 06年 4月27日、全国の警察署HPで一斉に公開された・・・
 民間委託の「駐車監視員」が見回る「重点取り締まり区間」。
 これを見て、「おれがよく行くところは、入ってないや。ラッキー!」・・・
 と、喜ぶのは早いようで。
 なにしろ、「駐車監視員」制度というのは、全国1270あまりある警察署のうち、たった270署でのみ実施される制度(※06年当時)。
 ですから、住宅地など、あまり違法駐車が邪魔にならないところは、取り締まり区間に入ってないのです。
 でも。
 道路交通法では、駐車禁止の標識がなくても。
 「駐車場、車庫などの自動車専用の出入り口から3m以内の場所」など、駐車禁止とされている場所がけっこうあります。
 そして。
 「駐車監視員」が担当する区域以外では。
 これまでと同じように、警察官が違法駐車に目を光らせているのです。
 今までは、婦警などが、違法駐車している車のタイヤに白いチョークで線を引き、警告をし、30分ほどたっても車両が駐車したままの場合、レッカー移動などしていました。
 それが、「駐車監視員」は、専用のデジタルカメラで違法駐車の状況を撮影し、その場で確認標識のステッカーを印刷、フロントガラスに貼りつけるようになる・・・
 06年6月1日から「駐車監視員」が行なう違法駐車の摘発は、こうした「待ったなし」の方法に変わることは。
 マスコミでも広く報道されているので、ご存知の方も多いと思います。
 しかし、どうやら、警察官までもが、「待ったなし」の取り締まりを行うようなのです。たとえば、次のような記事も。
 『取り締まり方法は、警察官も駐車監視員も変わらない。取り締まりに使う(デジタルカメラがついた)端末は、警察官にも支給されるという。たとえ端末を所持していない場合でも、放置車両を確認したらその場で確認標識を取り付けられる。つまり警察官だろうが民間委託業者だろうが。見つかれば即アウト!』(※掲載時URL:http://arena.nikkeibp.co.jp/ 5/8)
 友達の家に遊びにいって・・・
 「ここは住宅街だから、だいじょうぶだろう」とマンションの前などに駐車していると、戻ってきたときには、黄色い紙(確認標識)が貼られているかもしれません。
 しかも、この紙は、今までの警告の紙とちがい。
 反則金(放置違反金)の支払い命令書とでもいうべきもの・・・
 最近では、どこへ行っても禁煙の場所ばかりなので、ヘビースモーカーの友人が。
 「そこが煙草が吸える場所かどうか確認する習慣がついた」とボヤいていましたが・・・
 これからのドライバーは・・・
 「そこが駐車禁止かどうか確認する習慣」をつけたほうがよさそうです・・・