逃げ得許さぬ、滞納違反金きつい追い込み(罰金:令和156)

(初出:20/10/19)

 放置違反金の延滞金が高額だとクレーム・・・
 10月15日東海テレビで、滞納している放置違反金を徴収する愛知県警専門チームが特集されました。
 出典:東海テレビ 20/10/15 「駐車違反金の悪質滞納を許すな…徴収額全国1位の県警の専門チーム 「消費者金融だ!」とゴネる滞納者も」(https://www.tokai-tv.com/newsone/photo/20201015chuushaihantainou.html)
 番組後半で映った、放置違反金の支払いをゴネる男性が運転していた車に見覚えがありました。
 特徴のある外車だったからです。
 それは、過去記事「駐禁70回ぶっちぎり」で取り上げた外車でした。
 最終的に男性は、駐車違反6件分の違反金96,000円と延滞金23,200円を納付していましたが、ほんとうに過去記事で取り上げたケースであるなら、滞納額はまだまだこんなものではないはず。
 もしかしたら放置違反金は払うものだと観念させ、まずは一回納付させて払い癖をつける、そんな狙いがあるのかもしれません。
 専門チームの追い込みは完済まで終わることがない、そんな印象に残る映像でした。
 なお男性は延滞金について、「消費者金融だ」といっていましたが、消費者金融の上限金利は10万円未満で20%。
 放置違反金の延滞金年利14.5%なので、それと比べれば高くありませんが、たしかに安くもありません。なにしろ令和2年現在、銀行の普通預金は年利0.001%なのですから(参考記事:「じわじわくる延滞金の恐ろしさ」)。
 また番組では、各地方自治体が抱える放置違反金の滞納額について言及がありましたが、愛知県内で総額3億円以上、全国では32億円にも上るとか。
 参考までに、当サイトが過去にお伝えした滞納額の金額は、北海道7,000万円(2020年8月、参考記事:「ある日突然差し押さえ」)、神奈川県5億7,600万円(2018末時点、参考記事:「令和の差し押さえ」)など。
 放置違反金は地方自治体の歳入となりますが、どこの地方自治体もコロナ禍で財政が厳しい折、納付率が上がるに越したことはないでしょう。
 番組動画は、「例え1件でも逃げ得は許さない」という担当者の言葉で締めくくられ(https://news.yahoo.co.jp/articles/530de5b5c8f206af7cf9ae324f1c6b6fa112c3ff/comments)、公開当日のYahoo!動画アクセスランキングで1位を獲得。
 800以上のコメントが寄せられましたが、そのほとんどが滞納者に対する厳しい意見となっています。
 思えば、放置違反金導入を含む駐車違反取締り強化については、開始直後から肯定的な意見がほとんどでした(参考記事:「みんな賛成なの?」)。
 それから14年以上経過しても、今なお世論の支持は変わらぬ、逃げ得を許さない警察の姿勢。
 今後も手が緩まることはないと思われます・・