自転車運転で逮捕続々 (逮捕33)

(初出:06/10/03)

 違法駐車、飲酒運転と並び、警察が問題視しているのが自転車問題・・・
 最近では、逮捕報道も増えてきましたので、まとめてみました。
1、千葉県警は、06年9月28日道交法違反容疑で逮捕した容疑者を書類送検の予定。
『無灯火で自転車の運転をしていた会社員の女(20)に対し、県警が交通違反切符(赤切符)を切っていた』
『調べでは、女は25日午後6時45分ごろ、千葉市中央区の路上を無灯火のまま自転車で走行した疑い。警察官が女に対して点灯するよう再三にわたり指導警告を繰り返したが、無視して約300メートル逃走したため悪質と判断し検挙した』
(http://www.mainichi-msn.co.jp/  06/09/29)
 女性が検挙された日は、千葉県警が無灯火の自転車運転集中取り締まりを実施した日。
 その日、県警が確認しただけで、なんと1130件もの自転車が無灯火だったとのことですが、それらのほとんどは「指導警告」ですんでいます。
 逃げたこの一台だけが検挙されたようですが、なぜ逃げたのか・・・
 耳にイヤホン入れて音楽を聴いていて警告が聞こえなかった、脚に自信があった、警官を痴漢と勘違いして全力で逃げた・・・
 いずれにしても、今ごろ後悔しているのでは・・・
2、神奈川県警は、 06年9月28日道交法違反(酒酔い運転)容疑で無職の男(76)に交通違反切符(通称赤キップ)を交付。
『調べでは、男は27日午後10時10分ごろ、同町二宮の町道の下り坂で酒に酔って自転車を運転。中央線を越えて、反対車線の道路端に止まっていた同署の捜査車両前面に衝突した』
『自転車でも罰則は自動車と同じで、3年以下の懲役または50万円以下の罰金』
(http://www.mainichi-msn.co.jp/ 06/09/29)
よりによって捜査車両に激突するとは、ぶつけられた車の警察官もさぞやびっくりしたことでしょう・・・
 それにしても、飲酒運転の罰則は、自転車も自動車も同じだったんですね。
 一気に酔いも醒めたことでしょう・・・
3、群馬県警は、 06年9月29日自転車泥棒を逮捕のため、ヘリコプターを出動させる大捕物。
『伊勢崎市の伊勢崎オートレース場駐輪場で29日、署員が盗難届の出ている自転車を発見』
『署員を振り切って近くのサイクリングロードを自転車で猛スピードで逃げたが、警戒活動で付近を飛行していた県警のヘリが追跡、約15分後に4キロほど離れた前橋市駒形町の路上で、ヘリから連絡を受けた署員が取り押さえた』
(http://www.tokyo-np.co.jp/ 06/10/01)
 逃走する犯人をヘリコプターが追跡するのは、アメリカではよくあるかもしれませんが、日本では少ないのでは。
 まして相手は、殺人犯などではなく、自転車泥棒。
 猛スピードで逃げたという容疑者は、オートレースを見たあとで興奮していたのでしょうか。
 先行逃げ切りをはかったものの、待っていたのはゴールではなく警察官だったというオチだったのか・・・