迷惑駐禁は通報する選択肢もあり(取締:令和123)

(初出:20/06/23)

 警察に通報する選択肢もありました・・・
 迷惑行為を見かけたり、被害に会ったりしたことありませんか。
 満員の電車でデイパックを背中にしょったまま知らん顔している人、音が筒抜けのアパートで大音量でテレビを見る隣人、私有地に車を停めたままどこかへ出かけたドライバー・・・
 えてして多いのが、自分のしていることが迷惑だと分かっててやってる人。
 こういう人は、後ろめたさを感じつつ「すこしぐらいいいだろう」と思ってやってるので、「迷惑だ」と伝えると「あ、やっぱり。すいません」とやめてくれます。
 しかし中には、逆ギレする場合も。
 行列の割り込みを注意したら「うるせー」といわれて殴られた、「静かにしてくれ」といったら「殺すぞ」と凄まれたなど、その手のトラブルはしょっちゅうニュースになっています。
 つぎのような報道がありました。
『男性が自宅前に止めていた車を注意したところ、運転手とトラブルになった。男性が車の助手席側のドア付近をつかむと急発進。しがみついたまま数メートル先で振り落とされ、道路脇の電柱に頭から衝突したという。』
出典:時事ドットコム 20/06/22 「交通トラブルか、男性重体 車で逃走の男を逮捕へ―警視庁」(https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062201007&g=soc)
 迷惑駐車を注意されたドライバーが、すぐに謝って車を移動させればこんなことにはならなかったのが、なにか言い返して男が怒り、トラブルになったのか。
 男性がドア付近をつかんだら急発進したとのことですが、ドライバーにしてみたら、車内に入ってきて殴られるかもと恐怖に感じたのかもしれません。 
 実際にどのようなやりとりがあったのか、被害に会った男性と逃げようとしたドライバーの関係性も分かりませんが、重大な事故となったのは事実。 
 一般論ですが、迷惑行為を注意してこじれたら、自分で何とかしようとするより、警察に通報したほうがいい場合もあります。
 ちなみに、警察に連絡するには、通常の110番以外に、#9110という相談専用の番号もあります(参考:『警察に対する相談は警察相談専用電話 #9110へ』 政府広報オンライン)。
 身元も分からぬ相手と直談判する前に、一度冷静になって、#9110へ相談するのも手です。
 なお当然ですが、いくら駐禁が迷惑だからといって、相手の車を傷つければ自分が犯罪者となって逮捕されるのでご自重ください(参考記事:「あちらをどかせばこちらに停める、私道駐禁事情」)・・・

※補足(6/24):被害に会われた男性は、その後、死亡されたことが分かりました。ご冥福をお祈りします。また亡くなった男性は110番通報していたとのことで、迷惑駐車ドライバーの逃亡を阻止しようとして被害に会われた可能性があります。被害者はこれまでにもたびたび迷惑駐車に困っていたとのこと。確信犯の駐禁には警察も無力なのでしょうか。今後こうした場合の対応策について当サイトでも模索していこうと思います。