「悪いが、帰ってくれ」by観光地(観光地:令和116)

(初出:20/04/25)

 徹底せよ、”3密”避け・・・
 新型コロナウイルスの影響で、流行語大賞に選ばれそうになるくらい、毎日繰り返される新語、”3密”。
 「密閉・密集・密接」を意味する”3密”を避けるようにというお上のお達しで、日本一の繁華街・銀座は様相が一変。
 銀座の夜を彩った、きらびやかなクラブのネオンは次々に消え、営業ができなくなった銀座のホステスらが自民党に陳情に行く事態にまで発展。
『面会後、銀座のクラブ「ル・ジャルダン」代表の望月明美さんは記者団に「緊急事態宣言で全部休業になり、まさに存続の危機」と窮状を説明。「お店の女の子たちも補償がゼロ。田舎に帰ることも止められず、地方への感染拡大にもなってしまう」と述べ、支援の必要性を訴えた。』
出典:時事ドットコム 20/04/09 「自民に銀座ホステスら陳情=コロナ対策「差別なく支援を」(https://medical.jiji.com/news/30629)
 当然ながら、交通量も激減。
 夜の銀座をさまよう駐車監視員については、先日も書いたとおりです(参考記事:むしろ懐かしい駐禁取締り)。
 ところが、そんな銀座とは対照的に4月19日、人が溢れかえったのが神奈川の湘南エリア。
『神奈川県によりますと、外出自粛が要請される中で湘南鎌倉エリアや三浦半島では週末に訪れる人が増え、今月19日の日曜日には海岸沿いの道路が渋滞したほか、携帯電話会社のデータの分析では藤沢市の鵠沼海岸近くで緊急事態宣言の前より6割ほど人出が増えた時間帯がありました。』
出典:NHK NEWS WEB 20/04/22 「湘南エリアなどの海岸封鎖を 地元自治体が県に要望 新型コロナ」(https://www3.nhk.or.jp/) 
 こうした事態を受け、神奈川県知事は「今は、神奈川に来ないで」と発言。
 また神奈川県警は4月25、26日、幹線道路を中心に駐禁取締りを強化すると発表。
 おかげで本日4月25日、ニュースによれば、湘南エリアの海岸は大幅に人出が減ったとのこと。
 めでたく”3密”は回避できたようです。
 GWとあって、例年であれば観光客で混雑しているはずの全国の観光地でも、湘南エリアと同じように”3密”を避けるべく、観光客を寄せつけないよう知事が「来県お断り」と発言したり、道の駅のトイレや公営駐車場を閉鎖したり、県外ナンバーの車をチェックする動きが相次いでいます。
 時期が時期だけに仕方のない部分もありますが、なんというか、せっかく行こうとしていた観光地に目の前でピシャリとドアを閉められたような対応は、新型コロナウイルス騒ぎが終息後、しこりを残しそうな気がしないでもありません・・・