警視庁で「駐車監視員」大規模実技訓練 (その他24)

(初出:06/05/16) ※アーカイブ
 
 2006年度、警視庁が違法駐車取り締まりを民間委託した「駐車監視員」は、総勢530人(14法人)。
 このうち統括責任者も含む129人(11法人)が、06年5月15日初めて行われた違法駐車取り締まりの総合実技訓練に参加しました。
 場所は、世田谷区にある警視庁交通安全教育センター自動車コース。訓練の模様は、沓掛哲男国家公安委員長も視察。
 「駐車監視員」の資格取得は、ペーパーテストのみなので、どの「駐車監視員」にとっても、これが初めての実技となったわけですが、結果はどうだったかというと・・・
 てこずった方もいたらしく、つぎのような報道がありました。
『監視員は2人1組で違反車両をデジタルカメラで撮影。携帯端末にデータ入力し、違反ステッカー(確認標章)をフロントガラスに張った。警察庁の想定では1回の確認作業は10分前後。だが、訓練では入力に手間取って、15分を超えるケースもあり、「むずかしい」と首をかしげる監視員もいた』
(http://www.nikkei.co.jp/ 06/05/16)
 訓練では、さまざな形で車が違法駐車しているケースを想定。
 実際に取り締まる時と同じく、2人1組(ユニットと呼ぶ)で、つぎのような順序で処理していきました。
1=ドライバーがいないのを確認
2=デジタルカメラで、車の全体が入った、違法駐車していた状況が分かる写真とナンバープレートのアップ、計2枚の写真を撮影
3=メジャーで違反状況を把握
4=携帯の専用端末にナンバーや違反状況を入力
5=「確認標章」ステッカーをその場でプリンターで印刷
6=フロントガラスに張りつける
7=デジタルカメラで、「確認標章」を貼ったことを証明する写真を1枚撮影
 ちなみにドライバー側からすると、一連の作業のうち、6の、フロントガラスに「確認標章」ステッカーを貼られる前に車に戻ってくれば、違反はまぬがれるようです。
 逆に「駐車監視員」側からすれば、ドライバーが戻ってくる前に確認作業をしなければいけないわけです。
 もちろん、上記手続きのどれが欠けてもまずいでしょうし、体が覚えるまで訓練を繰り返すのでは。
 なお訓練は、確認作業だけなく、想定されるドライバーへの対応についても行われたようです。
 つぎのような記事がありました。
『初めての民間委託のため、運転者とのトラブルも予想される。各法人の統括責任者は、運転者役の警察官に「これは取り締まりか」「あなた方は誰?」などと問われ、対応の仕方の訓練もした』
(http://www.mainichi.co.jp/ 06/05/16)
 違法駐車は、摘発された方もたいへんですが、摘発するほうもいろいろと苦労があるようです・・・