15000円で人殺し? 駐車監視員を殺人未遂(その他 )

(初出:08/07/13)

 「なんでおれだけ・・・」
 停めてあった車に戻ってきたら、駐禁のステッカーが貼られていた。
 そして、まだ立ち去っていない「駐車監視員」がいたら、文句のひと言もいいたくなる気持ちもわかります。
 しかし違法駐車の判定が、”その場”で、くつがえることはありません。
 駐車監視員に、謝っても、反省しても、怒ってもムダだし、ましてや、つぎのような行動を起こしたら・・・
 逮捕されます。
 08年5月27日埼玉県で、68歳の男性が起こした事件について、つぎのような報道がありました。
『止めていた自分の車が駐車監視員2人に駐車違反の取り締まりを受けたことに怒り、「ぶっ殺すぞ」と怒鳴り、車を発進させ、同県春日部市の監視員(55)の左足に車をぶつけ』
『さらに、同容疑者を注意しようとした同県三郷市の監視員(63)の顔を殴り、「ひいてやるから車の前に立て」と怒鳴って再び車を発車させ、左足にぶつけた疑い』
(http://www.asahi.com/ 08/05/28)
 被害に会った駐車監視員は、約1週間のけがをしたそうです。
 当然のことながら、意気軒昂なご老人は、あえなく逮捕。容疑は公務執行妨害と殺人未遂の疑いでした。
 過去には、「痛めつける」と駐車監視員を脅しただけで、”公務執行妨害”で逮捕されたドライバーがいます。
 ましてや、15000円の罰金に逆上して「ひいてやるから車の前に立て」とは、論外です・・・